千葉銀行住宅ローン

千葉銀行住宅ローン返済額を抑える「繰り上げ返済」と「返済指定方式」

こちらでは、千葉銀行の住宅ローンについて、繰り上げ返済と返済額指定方式をご紹介したいと思います。

 

住宅ローンの支払額はなるべく低く抑えたいものです。住宅ローンは一般に高額で長期間の借り入れになりますので、金利が低いとはいえ、支払う利子はかなりの額にのぼります。
例えば、3000万円の住宅ローンを35年間の固定金利(全期間)型で、金利が2.5%だったとすると、支払う利子の総額は1500万円以上あり、借りた元本に対して、1.5倍以上支払うことになります。

 

支払う利子を抑える方法として、なるべく低い金利を選択することもありますが、金利がどのように推移するかは分かりませんので、金利タイプを選択することによって、支払う利子を確実に減らすことができるとは限りません。

 

  繰り上げ返済

 

確実に支払う利子を抑える方法として、一般的には繰り上げ返済があります。
繰り上げ返済は、月々の住宅ローンの支払とは別に、自主的に住宅ローンの返済を行うことを指します。月々の住宅ローンの返済では、元本と利子を組み合わせて支払っています。
特に、元利均等方式では、住宅ローンの返済開始当初は、ローン返済の中で利子の占める割合が、相対的に高くなりますので、月々のローン返済を重ねても思ったほど元本が減らないという状況になりがちです。

 

繰り上げ返済の場合には、返済額がすべて元本の返済に充てられます。返済する元本が減ると同時に、減った元本に対して元々かけられるはずであった金利も支払う必要がなくなりますので、より効果的に総支払額を減らすことができます。

 

繰り上げ返済を行う場合、一般に、繰り上げ返済手数料を支払う必要があります。千葉銀行の住宅ローンでは、変動金利期間中や固定金利期間終了時には5,250円、固定金利期間中は2万1,000円の繰り上げ返済手数料が発生します。但し、繰り上げ返済の手続きをインターネットで行った場合、手数料が半額になります。

 

  返済指定方式

 

また、千葉銀行の住宅ローンでは、返済額指定方式と呼ばれる返済方法を選ぶことができます。
これは、あまり他の金融機関では提供していない方式です。返済額指定方式では、元利均等返済額を下限として、返済額を自由に設定することができます。本来の返済額を超えた部分は、毎月、繰り上げ返済を続けていることと同じような効果があります。返済額指定方式は、いつでも自由に始めることができ、いつでも自由にやめることもできます。

 

例えば、子供の養育費がかからない時期だけ、返済額指定方式を利用して多めに返済して、子供の養育費がかかる時の返済額を減らすなど、ライフプランに合わせたフレキシブルな住宅ローンの返済が可能となります。


住宅ローンで損してないですか?

 

住宅ローン繰り上げ返済のおすすめサイト

住宅ローン繰上返済シュミレーション!【手数料とメリットは?】
住宅ローン繰り上げ返済することでどのようなメリットがあるのでしょうか?住宅ローン繰り上げ返済のシミュレーションをもとに計算しお得な銀行や手順などをしっかりと調べご紹介していきます。
www.jutakuloan-kuriagehensai.com/