千葉銀行住宅ローン

千葉銀行の住宅関連ローンにはどんなものがあるか?

こちらでは、千葉銀行の住宅ローンについて、一般的な住宅ローン以外に提供されている様々な住宅関連ローンのバリエーションについてご紹介したいと思います。

 

  リフォームローン

 

リフォームローンでは、リフォームに関わる資金を、無担保で、融資金額最高1500万円まで、返済期間最長20年のローンを組むことができます。
具体的には、増改築、システムキッチン、ユニットバス設置などの住宅関連設備資金、エクステリアやインテリアの資金、外壁や給排水施設などの修繕、シロアリ駆除、既存リフォームローンの借り換えなどの用途に融資資金を充てることができます。

 

団体信用生命保険に加入しますが、千葉銀行が保険料を負担します。
金利タイプとして、変動金利または固定金利を選択することができます。
リフォームローン金利は、一般の住宅ローンの店頭表示金利よりやや高めに設定されていますが、千葉銀行の住宅ローンを利用中であれば0.1%の割引、太陽光発電設備、オール電化設備の導入に伴う工事や耐震補強工事などの場合にはさらに0.1%の割引を受けることができます。

 

  金利選択型アパートローン

 

賃貸を目的とした、アパート、貸家、マンションなどの新築、購入、増改築などに充てる資金として、金利選択型アパートローンを利用することができます。融資金額は最高1億円、返済期間は最長35年です。

 

金利タイプは、変動金利または3年〜10年の固定金利を選択することができます。金利優遇措置は特に設けられていないので、店頭表示金利が適用されます。

 

  金利選択型セカンドハウスローン

 

本人が常住しない別荘等のセカンドハウスの新築,購入や、セカンドハウス用の土地購入資金などに充てる資金として、金利選択型セカンドハウスローンを利用することができます。融資金額は最高5000万円、返済期間は最長35年です。

 

金利タイプは、変動金利または3年〜10年の固定金利を選択することができます。金利優遇措置は特に設けられていないので、店頭表示金利が適用されます。

 

  ホームエクイティローン

 

千葉銀行では、自分の住んでいる住宅を担保に入れることによって、使用目的を問わない資金の融資を受けられる、ホームエクイティローンというローンを提供しています。融資金額は担保評価額内で最高2000万円、返済期間は最長15年です。使途は原則自由ですが、事業に関する資金や投機に関する資金としては使うことができません。

 

金利タイプは、変動金利または2年〜15年の固定金利を選択することができます。一般的な住宅ローンに比べると、金利はやや高く設定されています。

 

住宅ローン金利安い銀行は?変動・固定比較【低金利ランキング】
住宅ローン金利を比較して本当に実質金利が安いお勧めの銀行をご案内しています。住宅ローン金利が安い銀行ランキングは一度じっくり見ておいて損はないのではないでしょうか?住宅ローン選びで大事なのは金利が安い銀行を見つけることだと思います。


住宅ローンで損してないですか?